水虫の原因は真菌について~患者と暮らす際の注意~

水虫は、真菌(カビ)の一種である白癬菌が、皮膚に寄生することによって起こる皮膚感染症です。白癬菌は手や体など、どこにも感染する事ができますが、大半は足に感染して症状を発生させます。どうして足に白癬菌が繁殖しやすいかというと、靴を履くことで通気性が悪くなり足が蒸れ、菌にとって過ごしやすく増えやすい高温多湿な環境を作るからです。
白癬菌が感染した体の部位によって生じる皮膚症状は異なりますが、足にできる水虫は主に趾間型・小水疱型・角質増殖型の3種に分けられます。趾間型は水虫の一般的なイメージの症状が発生するのが特徴で、足の指の間に症状が見られることが多く、皮膚が白くふやけたり、赤くなって皮がむけたりします。小水疱型はその名の通り、足の裏の土踏まず周辺に小さな水疱ができます。痒みが非常に強く、時間が経過すると赤くなって皮膚がむけてきます。角質増殖型は、足の裏や踵が乾燥して、角質が厚く硬くなっていきひび割れたします。このタイプは自らの症状が水虫によるものだと気付かず重症化させる時があるので、異常を感じたら皮膚科を受診しましょう。
どの症状でも皮膚がむけたり剥れたりしますが、その皮膚の欠片には白癬菌が付着しているので、接触した場合は感染する可能性があります。このため家族に水虫の患者がいる場合、水虫が家族内に次々と感染するケースが多々見られます。家族や他人と同居している場合、風呂上りに使用するマットは使い回さないようにしたり、靴下を履いて皮膚を床に落とさないように注意しましょう。また、家族に水虫の患者がいる場合、足を高温多湿の状態に長く置かないことや、毎日清潔に保ったり入浴後によく乾燥させるなどの対策を行いましょう。